本サイトのコンテンツには
商品プロモーションを含む事があります。
ドラマ・映画

忍びの家の評価感想はつまらない面白い?口コミレビューを調査

忍びの家の評価感想はつまらない面白い?口コミレビューを調査
Pocket

Netflixオリジナルドラマ「忍びの家〜House of Ninja」が2月15日に配信されます。

2月2日に忍びの家の予告動画が解禁されてSNSで感想や評価の声が続々届いていて、「つまらない」「面白い」といろいろな口コミがあります。

最近のNetflixのオリジナルドラマは面白いという評価感想のものが多いので、忍びの家も期待が高まる所です。

配信後のレビューもどうなるか楽しみですね!

配信前ですが、忍びの家が面白いのか、つまらないのか評価感想をまとめてみました。

また、実際に配信後のSNSでの口コミ、レビューも調べてみましたので、ぜひ最後までご覧ください!

 

忍びの家の評価・感想はつまらない面白い?

配信前ですが、忍びの家はつまらないと言える評価感想と、面白いと言える評価感想をまとめてみました!

もちろん私個人はとても期待していますし楽しみにしていますが、客観的にお伝えできたら良いなと思います。

 

忍びの家はつまらないという評価感想

忍びの家は「忍者」がテーマになっているので、賛否がどうしても分かれてしまいます。

まずは忍びの家はつまらないのではないかという評価感想についてまとめてみますね!

 

外国人が監督

忍者モノや日本の文化に関するものを外国人監督が描くとどうしても不自然なシーンが出てきてしまうことがあります。

日本人から見て日本のイメージが歪んでいる場合、その作品を受け入れにくくなってしまうわけですね。

「日本=忍者」と思われている気がするだけで観る気がしないという評価もあるようです。

確かに「ここ、日本ですけど!?」みたいな設定の映画とか、外国人から見ると日本ってそういうイメージなのかぁと思ったりしますよね。

日本を舞台にした映画の監督が外国人なのが残念、という評価感想でした。

外国人のイメージする忍者はどうも好きになれない
監督が少し残念かな。せっかくの日本の舞台なんだし、日本人の監督じゃだめだったのかな

 

設定がありきたり

忍者モノはいつの時代も映像化しているので、「またか〜」という気持ちになる人もいるようです。

確かに、現代に忍者がいるという設定の作品は今も少なからずあります。

そうなってくるとストーリーの先が読みやすいと感じたり、結末が単調だったりするのでつまらないという評価ですね。

漫画の実写化だと思ったら違うのか、なんか似てるよなー
設定からしてつまらなさそう

 

忍びの家は面白いという評価感想

今回の忍びの家は圧倒的に面白いという評価が多いように感じます。

どんなところに面白さを感じているのか調べてみたのでぜひご覧ください!

 

出演者が豪華

賀来賢人さんを始め、俳優陣の顔ぶれがかなり豪華です。

いわば実力派俳優だけを集めていて、「アイドル枠」的なものがないのが良いですよね!

アクションだけのドラマではなく、家族をテーマにした作品でもあるので、表情で語れる演技力も腕の見せ所だと思います。

それができる俳優陣が揃っているので、これは期待大ですね!

楽しみな俳優しか出てない!豪華すぎる!
予告編に出てきてた人たちもめっちゃ魅力的。楽しみしかない!

 

完全オリジナルストーリー

今回の忍びの家のドラマは原作のない完全オリジナルストーリーなので、面白いのではないかと期待されています。

しかも原作を賀来賢人さんが書いているので新鮮フレッシュな作品になるでしょう!

賀来賢人さん自身も「初めてドラマを作りました」と言っているくらいなので、きっと今までにない作品やストーリー展開になることが予想されます。

数々の映画やドラマに出演している賀来賢人さんが自身の経験を生かして考えるストーリーや作品の魅せ方って、どんなものなんでしょうね。

きっと、「こうしたい!!」がたくさんつまったこだわりのあふれた作品になっていることでしょう!

細かなところまで楽しめそうな作品ですよね。

賀来賢人の頭の中、どうなってるのかめっちゃ楽しみ!
予告編見たけど、面白いストーリー感しかない。

 

制作がNetflix

今回、賀来賢人さんが自身の作品を持ち込んだのはNetflix。

やはりかけられる制作費が違うので、その分面白いだろうという期待が高まります。

忍者としてのアクションも見どころなので、セットやCGなどの使い方も作品の仕上がりに大きな影響を与えてくるはずです。

Netflixが東宝スタジオを使って豪華なセットを用意して撮影したでしょう。

日本のドラマとNetflixのドラマでは制作費がかなり違うので、迫力が変わってくること間違いなしです!

セットがめっちゃ気合入ってるでしょ!
アクションとかあるんなら、Netflix最強っしょ
かかっている制作費が違うからNetflixのドラマはすごい楽しみ

 

アクションが迫力満点

予告編に出ていたアクションシーンもかなり迫力がありましたね!

賀来賢人さんの鍛え上げられた肉体も配信後にはっきり見れるのが楽しみになりました。

忍者の特有の独特な立ち振る舞いや機敏な動きなど細かいところまでこだわったアクションシーンだと思うので、見どころ満載ですね。

忍者アクション、まじカッコいい!

 

ストーリーのテーマ面白そう

元忍びという設定がとても興味深いですよね!

忍びが身体に染み込んでいる俵一家が日常のふとした中で忍び仕草を出しちゃうところとか、必見だと思いました。

俵家の母親の洋子(木村多江)がスーパーですっと商品を手に隠す技や晴(賀来賢人)が自販機に飲み物を投げ入れていれる様子が予告編にも出ていましたね。

ちょっとコメディタッチにも描かれるのでしょうか。

また、予告編では「普通」の家族ということが強調されていました。

多様性の時代に「普通」とは何か?考えさせられるのかなとか、いろんな「普通」があるというメッセージもあるのかなと思っています。

家族の幸せを追求することが忍びとして生きていくこととどんな関係があるのか、どんな風に表現されるのか楽しみですね!

忍者と家族のテーマってかなり面白そう。父役の江口洋介が感動的だと思う
普通ってなんだろ〜。幸せならそれが普通でいいんじゃないかな!

 

忍びの家の口コミ・レビューは?

忍びの家の口コミ・レビューは配信後に続々届いていますね。

実際見てみた方々の感想はどのようなものだったでしょうか?

SNS上ではどんな反応が入っているのかさっそく見てみましょう!

 

忍びの家はつまらないという口コミ・レビュー

忍びの家を見て、つまらないと感じた口コミ・レビューをまとめてみました。

めっちゃ予想できる展開
伏線回収が弱すぎて、雑な感じがしてすっきりしない
風魔党に大義があるのかないのか、あの宗教のせいでよく分からなくなってる。元天会ってなんだったの?

つまらないという口コミ・レビューの多くは、ストーリーに関するものが多かったですね。

確かに、少し全体的な印象が暗くて、重くて…という感じもありましたね。

描いている要素が多すぎて、ツッコミどころも多かったように思います。

観ている多くの人は、俵家に共感したらいいのか、風魔党に共感したらいいのか分からなくてもやもやしたようですね。

シーズン2ありきの作品なのでしょうか?

 

忍びの家は面白いという口コミ・レビュー

忍びの家が面白いという口コミ・レビューをまとめてみました!

設定といい、家族の絆といい、裏組織といい飽きずに最後まで観れる。とてもワクワクした
忍者シーン満載で面白い。こういうのが観たかったんだよね!
賀来さん、かっこよすぎる。忍になりたい
普通だ。普通ねぇ。ふふ

面白いという口コミ・レビューを見ると、忍びの描き方や演技に関して高く評価しているように感じます。

確かに賀来賢人さんの鍛え上げられた肉体には惚れ惚れしましたし、忍びならではの気配のない感じや、静かな戦い方もとても新鮮で面白かったですね。

銃や爆弾を使うようなアクションではなく、タイマンのスマートな戦闘と言うのでしょうか、美しいなと思いました。

 

配信前のSNSの反応は?

俳優陣の顔ぶれといい、予告編の迫力といい、楽しみにしている声が多い感じがしますね。

Netflixのオリジナルドラマの評価が高まっているので、期待度も高まっているようです。

確かにNetflixの作品は裏切らないものが多いですもんね。

今回の作品もどんな風に描かれるのかとっっっても楽しみですね!

 

まとめ:忍びの家の評価感想はつまらない面白い?口コミレビューを調査

忍びの家が面白いのか、つまらないのか評価評判をまとめと、SNSでの口コミ・レビューを調べてきました。

忍びの家の全体的に期待度は高く、つまらない要素より面白い理由がたくさんでしたね!

つまらないという評価感想は、忍者という設定や監督が外国人ゆえにどうしても不安に感じるというところから来ていました。

一方で、豪華俳優陣の顔ぶれやNetflix制作という理由で評価感想も良いものになってるようですね。

配信後に口コミレビューも賛否両論分かれましたが、全体的には面白かったという口コミが多かった印象があります。

みなさんもぜひNetflixオリジナルドラマ忍びの家がつまらないか、面白いかぜひご自身の目で確かめてみてくださいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です